「ウクレレの重要な役割」

オリジナルウクレレの「Lovuke」は、シバテンが一本一本丁寧に調整と磨きをかけて、みなさんにお届けしております。

今日は、シバテンが行なっている「ウクレレ調整」の一部をご紹介☆

ウクレレ調整では、

特に重要になるのが、サドルとナットの削り調整です。

ウクレレ本体にある弦を支えている部分が、「サドル」
サドルは、弦の振動をボディに直接伝える重要な役割をしています。

そして、頭の方にあるのが、「ナット」
ここは、主に左手の押弦のし易さ、つまり弾き易さを調整します。

サドルもナットも、高すぎると弾きにくく、音が暴れすぎます

逆に、低すぎると、音に張りがなく、弾いた時に音のビビりの原因にもなったります。

ですので、快適に弾きやすいウクレレにするためには、ここの調整が必須であり、重要なポイントです。

ウクレレはナチュラルな木で出来ていますので、当然、一本一本個体差があります。

個体によってサドルとナットを1〜2mmほど削り、そこからさらに0.1~0.2mm単位で微調整を行います。

「Lovuke」では、サドルとナットに「牛骨」を使用しています。

安価なウクレレによくある、プラスチックのサドルやナットは、音がペラペラ。。

これらの調整は0.1mm単位の微調整なため、シバテンはすべて手作業で行なっています。

シバテンは、初心者さんには「サドル=少し高め、ナット=低め」に調整してあります。

そして、ある程度弾けるようになってきた時に、相談して、再度もう少し低くするなどの微調整を行うこともございます。

こちらの動画は、最初の大まかな削りをやっている様子で、1〜2mmほどの削りを行います。

その後、サンドペーパーを使い、三段階に分けて磨き仕上げます。

 

このようにして、ひとつひとつ丁寧に調整と点検をして、みなさんにお届けしております。

購入された方の好みによって、希望の弦に交換してから出荷することも可能です。ご購入の際にお伝えください。
※(初心者の方は、シバテンチョイスがオススメです!)

ちなみに、シバテンのウクレレ教室に通っている生徒のみなさんは、フレットや指板の磨きなどの、ウクレレ定期メンテナンス無料です♡

お教室にも、ぜひ遊びにきてね☆

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です