「諦めない人が行ける世界」

みなさん、お久しぶりです。
日本海側から太平洋側に引っ越してきて、早1ヶ月が経ちました。

天候の良い太平洋側で、新しい前進を始めてみよう!
と3週間前からウォーキングやランニングを始めて、ようやくなんとか、、ですが、1時間走れるようになってきました。

始めは、1分でも足が痛くて、それを徐々に3分、5分、10分と伸ばしてきました。
毎日のトレーニングで、足は痛いし、筋肉は爆発寸前だし、なかなかひどい(笑) *食事と休息もしっかりとりながら

 

だけど、確実に3週間を超えると、体力がついてきているのが実感できてきます。

筋トレも、たいがい3週間はめちゃくちゃしんどい(笑)
そして、3ヶ月を超えた頃から、それなりの筋肉ができてくる。

二胡もたくさん悩んで、何度も壁にぶち当たったな〜と思い出します。

 

結局は、シンプルに諦めない人が、それなりになっていくのです。

 

自分の場合、運動に関しては
膝や靭帯、筋肉が痛くなるのは、筋力不足と走り方を知らないからだと思っています。

なので、できるだけ毎日運動、筋トレもプラスして、しっかり食べて休む。
走り方を知らないなら学べば良いので、毎日勉強中🌱
二胡やウクレレなどの音楽でも同じで、
弾けないのは、やり方が間違っていたり、ただ知らないだけ。
しっかり学んで積み重ねればいい⭕️
そうしていけば、どんなこともきっと、自分の知らない世界へ行けるはず🌱
楽しくがんばろう!

では、また。

「ダイエットについて」

僕は、極度な食事制限のダイエットは、『体力の低下と老化を招く』ので、あまり賛成ではなくて、

身体を動かして基礎代謝をあげた上で、好きなものを美味しく食べる!という派です。

昔は長生きすらできず、食べたいものを腹一杯に食べられず、栄養失調や餓死する人がたくさんいた中、食べたいものを好きなだけ食べられる今。

食べたいものが食べれて「太れる」とは、なんて幸せな時代なんだろう!

 

食事制限をすると、なんかダイエットしてます〜!っという気分にはなるが、根本的な解決にはなっていない。

だって、食べたいものは食べたいでしょ?

食べたいものもろくに食べられず死ぬ人生って、どうよ?笑

デブでいい。

ただ、動けるだけの体力(筋力)を付けておけばいいんだ。

 

「歌って踊れるデブであれ!」

 

チャオ⭐️

 

*今日の、シバテン未来プロジェクトの記事では、さらに具体的な内容を投稿しまーす。

よろしく。

人生観『生きる意味』⑸

『生きる意味』について、第五回。

朝、靴の中に入っているもの、、

それは、『サソリ』だ。

小さいながらも猛毒のサソリに刺されたら、砂漠のミイラと化す。

サソリに刺されて死ぬくらいなら、カンガルーに右パンチをくらって死にたい。笑

サソリに刺されて死んだら、なんだか悲惨感が漂うが、
カンガルーの右パンチなら、笑える。

自転車の旅において、食うことは、ガソリンを補給するようなもの。
ガス欠では、前に進むことができない。

町から町までの砂漠の旅は、米を炊いて、野菜スープを作るのみ。
行動食は、食パンとビスケット。

野菜スープといっても、保存可能な玉ねぎだけ。

小さな町に着けば、ソーセージやチーズなどを食べることができた。

この旅で、先住民アボリジニの人たちとの出会いもいくつかあったが、
印象に残っているのは、「塩と砂糖」に関して。

僕は、毎日行動食には食パンやビスケットに、エネルギー補給のためにカロリーの高いジャムをたっぷり塗って食べていた。

しかし日に日に身体が疲れていく。
次の日も、また次の日も疲れが取れなかった。

あるとき、アボリジニの人たちと食事を共にした時、焚き火で軽く焼いたパンをいただいた。

アボリジニの人たちは、そのパンに甘いジャムではなく、なんと「塩」をふりかけて食べていた!

衝撃のカルチャーショックを受けた。

生まれて此の方、当時、パンに塩をかけて食べている人を見たことがなかったからだ。

するとアボリジニは、こう教えてくれた。

「いいか、砂漠では糖分ではなくて、塩分をしっかりとるんだ。塩分は漲るパワーをくれるが、糖分は身体を疲れさせるぞ。」

その後、このアドバイスのおかげで、塩分の大切さを知り、積極的に塩をとることで、疲れは激減し、より一日の走行距離をのばすことができた。

さあ、いよいよ待望のエアーズロックの影が、地平線の彼方に現れてきた!

第六回へ つづく