人生観『生きる意味』⑸

『生きる意味』について、第五回。

朝、靴の中に入っているもの、、

それは、『サソリ』だ。

小さいながらも猛毒のサソリに刺されたら、砂漠のミイラと化す。

サソリに刺されて死ぬくらいなら、カンガルーに右パンチをくらって死にたい。笑

サソリに刺されて死んだら、なんだか悲惨感が漂うが、
カンガルーの右パンチなら、笑える。

自転車の旅において、食うことは、ガソリンを補給するようなもの。
ガス欠では、前に進むことができない。

町から町までの砂漠の旅は、米を炊いて、野菜スープを作るのみ。
行動食は、食パンとビスケット。

野菜スープといっても、保存可能な玉ねぎだけ。

小さな町に着けば、ソーセージやチーズなどを食べることができた。

この旅で、先住民アボリジニの人たちとの出会いもいくつかあったが、
印象に残っているのは、「塩と砂糖」に関して。

僕は、毎日行動食には食パンやビスケットに、エネルギー補給のためにカロリーの高いジャムをたっぷり塗って食べていた。

しかし日に日に身体が疲れていく。
次の日も、また次の日も疲れが取れなかった。

あるとき、アボリジニの人たちと食事を共にした時、焚き火で軽く焼いたパンをいただいた。

アボリジニの人たちは、そのパンに甘いジャムではなく、なんと「塩」をふりかけて食べていた!

衝撃のカルチャーショックを受けた。

生まれて此の方、当時、パンに塩をかけて食べている人を見たことがなかったからだ。

するとアボリジニは、こう教えてくれた。

「いいか、砂漠では糖分ではなくて、塩分をしっかりとるんだ。塩分は漲るパワーをくれるが、糖分は身体を疲れさせるぞ。」

その後、このアドバイスのおかげで、塩分の大切さを知り、積極的に塩をとることで、疲れは激減し、より一日の走行距離をのばすことができた。

さあ、いよいよ待望のエアーズロックの影が、地平線の彼方に現れてきた!

第六回へ つづく

人生観『生きる意味』⑷

『生きる意味』について、第四回。

寝るときは、メインハイウェイから数キロ脇道に逸れて、なるべく夜中に走る輸送トラックの音や灯りが届かないところまで行く。

完全に暗くなる前に、その日の寝床を見つけなければならない。

夜は、あまり動物と対峙しないために、林から少し距離がとれて、開けたところがいい。

動物が襲ってきたら、食ってやる!!

本気でそう思っていたが、オーストラリアの野生動物は勝手に殺生して食べてはいけない。

たしか、ニュージーランドの羊もダメで、自然死したものならば食べていいとか。。

自然死か〜〜、、、

若けりゃ病やし、ジジ羊なら老衰、、どっちも食いたくない!笑

今夜の寝床が決まったら、焚き火用の薪を集める。

パッキパキに乾燥した木ばかりなので、焚き火にはうってつけだ。

ここだけの話、

木がないところでは、ラクダの糞を集めて飯を炊く。

オーストラリアの砂漠地帯には、約70万頭のラクダが生息している。

乾いた草食動物の糞は臭くもなく、よく燃えて、砂漠の旅では重宝した。

 

砂漠には動物だけでなく、いろんな虫がいるわけだが、

特に、昼間は蠅(ハエ)、夜は蟻(アリ)に悩まされた。

オーストラリアのブッシュにいる蠅の生命力は本当に凄まじく、自転車で走っていても、何百キロでも付き纏ってくるし、目の中、鼻の穴、耳の穴、、水分を求めて、穴という穴に入ってくる。

よく、ハエよけの帽子が売られていたが、あまりにダサすぎて断固として、かぶらなかった。笑

蟻は、やたらとでかくて、噛まれると猛烈に痛い。

そういえば、砂漠の町にいたゴキブリは世界最強にデカかった。

朝起きて、靴を履く前に、必ず中をチェックする。

ヤツがいるかもしれない。。

第五回へ つづく