「覚悟と圧倒的努力を持って、鮮やかなる極端であれ!」

才能の生み出し方なんて簡単さ。

それは、『極端な環境に身を投じる』こと。


昨日は、コミュニティスペースFRaT にて、シバテンの世界観を余すところなくぶちまけたフルスタイルでのライブでした。

こちら!

このライブを期に、世界中で演奏してきたディジュリドゥやパーカッションを用いたシバテンオリジナル奏法『フルスタイル』を、一旦 卒業と致しました。

 

二胡を始めた時のように、さらなる挑戦として次のステップへと進みたいと思います。

シバテンは、常に止まりません。

いつまでも、同じでいて欲しい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、万物は常に変化・成長し続けなければ退化すると思っています。

 

退化すれば、『魅力』がなくなってしまいます。

 

初めて二胡という楽器を知って、「この楽器で自分の心を表現してみたい!」と思ったのは、6年ほど前でした。

 

上手い下手はいいとして、いまでは自分の心と二胡が繋がり、癒しの音色となって人々の心に届けられているという実感があります。

 

※二胡3年目の演奏

二胡を弾けるようになったのは、決して才能があったからではありません

 

僕は単純に、自分の持てる全ての「情熱、覚悟、圧倒的努力」というエネルギーを、短期間にぶち込みまくっていました。

(短期間というのが、僕は大事だと思っています。人の集中力は、そう長く続くものではないからです。)

 

※当時の二胡修行部屋の写真⬇️

 

簡単な話し、

「シバテンは才能があっていいな〜」と言ってる人が、何も才能を磨く努力をしていない間に、僕は「圧倒的努力を積み重ねていた」というだけの話です。

 

そんなシバテンが、

次は、

『ウクレレ』

で未来への勝負をかけます!

このシバテンの「情熱、覚悟、圧倒的努力」を、ウクレレに思いっきり投入して、どこまでシバテンの世界観を表現できるのかを挑戦してみたいと思います!

ウクレレである理由は、大まかにみっつ。

①ウクレレを愛している。

②この小さな4本の弦で、どんな世界観が生み出せるのか、単純に自分自身がワクワクする。

 

そして、僕にとって最も大切な、

 

③『コミュニティを守るため』

いままで、僕がウクレレでスゴく成らなくても、コミュニティのみんなが前に出て輝いてくれれば、それが最高の幸せでした。

数十人なら、いまの僕一人で十分守っていけます。

しかしながら、コミュニティがどんどん大きくなるにつれて、より強くみんなを守りたかったら、『シバテン自身がウクレレ奏者としても、より大きく成長していく必要がある!』と強く感じています。

 

なので、

 

とりあえず、

ウクレレを、

めちゃんこ上手くなっておきます。

 

そして、シバテンの世界観を、この地球上にブチまけます!

 

くれぐれも言っておきたいのが、これはテクニックを上げてそれを自慢するものじゃあないです。

僕は、それに興味がないし、ダサすぎると思っています。

要は、なんども言っている、『世界観』です。

どれだけ、自分の世界観をウクレレという楽器で表現できるか

そこにしか、興味がない。

その世界観を出すために、磨いておきたいテクニックはたくさんあるので、少なくとも「自分が思い描く世界をウクレレで表現できるように」はしておきたいと思います。

 

ウクレレで勝負する!っと言えば、ほとんどの人が眉をひそめて

 

「えっ、ウクレレですか??」と言うでしょう。

 

まわりの99%が否定的ということは、

この道は大チャンスやな!

おもろい!

っと、鳥肌が立ってしまう変態です。

 

僕は、みんながイイと思うものは、今は良いかもしれないけど未来へのワクワクが湧かない。

 

早朝のビーチで、まだ誰も踏んでいない綺麗な砂の上を歩くのって、最高に気持ちがいい。

 

僕にとって、挑戦や冒険とは、そういう感覚です。

 

たかがウクレレを、

なんとウクレレ!

のレベルにまで世界観をもって行ってみましょうよ。

 

世の中やってみないと分からないことだらけ。

やってみてダメなら、またその時に軌道修正すればいい。

 

大切なことは、全力で未来を切り開くことさ。

 

ということで、やるとなったらすぐ行動!

先日、東京で、「運命を共にするウクレレ」を買ってきました。笑

 

その価格、30万円!

 

実はね、

「来たるべき日」のために、日々コツコツ貯めていた500円貯金箱があったんです。(満タンで30万円分)

なんと!ちょうど、このタイミングでいっぱいになったのであります!

 

もちろん、全額ウクレレに投資しました。

 

買ったウクレレや、2018年版調査研究したウクレレ市場の様子、投資の理由などについては、次回のブログでご紹介したいと思います。

 

じゃ、今日もハッピー!

ありがとう〜!

チャオ⭐️


毎日シバテンが生放送で、人生観や旅のトーク、そしてウクレレで歌!などを配信している、「シバテン音楽室」。

一度、覗いてみてね!⬇️

オンラインサロン

「出来るか出来ないか」

何かを始めるのに才能もセンスもそんなに要らない。

ほんのちょこっとの「勇気」で、もう今までの自分と違う人生が送れてしまいます。

迷ったら、半歩前に出る。

出来るか出来ないかは、それからさ。

「泣かしちゃった。。でもね、」

みなさん、こんにちは。

今日は、NPO法人こまつNPOセンター主催「ウクレレ de 恋活 ~交流パーティ~にてウクレレ講師を務めさせていただきました。

幸せになりたい人を心から応援したい、シバテンです。

婚活一歩手前の「恋活」。

30代の男女20名が集まるイベントでした。

 

結論からいうと、なんとも素敵でめちゃくちゃ良かったです!

すっごくいいイベントだな~~って思いました⭐️

ほのぼのx1000000で、微笑ましい場面がたくさんあって、シバテンはニコニコ丸でございました❤️

 

また、イベント開始前には、男性だけに向けた『思考とコミュニケーション講座』もさせていただきました。

このあたりのことや、イベントの詳しいレポなどは、今夜のオンラインサロン「毎日生放送」にてお話し致します!


さてさて、

いつも、「とにかく楽しくやろ~!」スタンスで、失敗や恥なんか、ぜんぜんオッケーでサポートしまくる、シバテンです。

そんなシバテンが年に一度か二度遭遇する、ある「ふたつのこと」にだけは、鋭く指摘します。

それは、

①「他者への想像力が圧倒的に欠けているとき」

②「仲間をいじめなどから守るとき」

 

つまり、分かりやすく言うと、

他者に「優しくない人」です。

 

今日は、イベントで新聞記者の女性を泣かしちゃいました。。

 

普段は絶対に女性を泣かせないシバテン!

むしろ、”感動の涙” を作り出す方なのですが、今日は手厳しい涙をながさせてしまいました。ごめんなさい。

 

でもね、

この一億総ネット時代に、テレビや新聞が当然のように取材してあげている感 というのは、空気が読めない時代遅れで、デカすぎる勘違い。

完全にスベりすぎてます。。

 

シバテンライブでも、

◻︎演奏中やトークの静けさの中、スタッフに話しかけて取材する   空気を壊してはいけないので、一旦外にでて話をするという想像力が足りない。

◻︎お客さんより前に出て、テレビカメラを回す   それによってお客さんが演者を見にくくなる、演奏に集中できない、ということが想像できない。もしくは多少想像できたとしても、良い映像が撮りたいという”自分の思い”と、取材陣はなんでも許されるという勘違いの心が表れている。

 

はて?

イベントは、誰のためにあるのでしょうか?

ライブは誰のためにあるのでしょうか?

 

『生の現場』ライブというのは、

「そこに目的意識を持ち、大切なお金と時間を使い、会いに来てくれている人たちのため」にあると思っています。

これが、何を差し置いても最優先です。

 

シバテンは、たった一度しかない、その生の現場』を、マスコミによって空気が壊されることは何度か経験しているので、自分たちでイベントやライブを開催する時は、マスコミは一切お呼びしていません。

「取材してあげます」っというスタンスの取材には、0.02で断ります。

 

理由は単純で、アーティストにとっては必要かもしれないけれど、目の前のお客さんにとっては必要がないから。

 

※もちろん、めちゃくちゃ素敵なかっこいいマスコミの方達もおられます。そういう方達と仕事をする時は、お互いに、気持ちいい瞬間を作れている感がハンパないです。

 

今日のイベント内容に関しては、参加者さんたちが意を決して、ある意味人生をかけて来てくれている場所。

記者さんに対し、そのことへの想像力のなさに(優しさのなさに)、ちょっとストレートに言っちゃったので、

 

泣いて帰っちゃいました。。

 

イベント主催の方々、大変申し訳ございません!

でも、次同じことがあっても、シバテンは同じ注意をすると思います。

守るべきは、マスコミではなく、目の前の勇気を振り絞って来てくれた、参加者さんたちだから。

 

最後にもう一度、イベントはとっても素敵100でした!

ウクレレでの交流を通して、ひとつでも多くの恋が生まれ、愛が結ばれればいいな~と心から願っております。

1123日・満月