「ぶち破った壁の向こう側」

これまでどんな人生を歩んできたのか?

その証が、「今」だ。

未熟だろうがなんだろうが、今現在の自分の魂を、全力で表現する。

 

『鳳凰・太陽の目』~PhoenixEye of the sun

2019.7.21

 

表現の仕方っていうのは、「アイデア」なんかではなくて、

その人が、「今までどう生きてきたか」「今をどう生きているか」で決まる。

 

描きたいものを描く「技術」、それもいいだろう。

しかし、それによって、自分の想像の範囲内に納まってしまう絵が嫌だ

技術よりも表現したいもの、つまり『魂』の方が先だ。

その積み重ねをして行くことによって、自ずと必要技術は身に付いてくる。

それが、『魂的自然』

そして、コレを書きながら、

まだまだ口先だけの、SHIBATENの魂の奥底に叫びかける。

 

『恐れるな!ぶち破った壁の向こうには、さらなる自由が待っている!!』

 

縄文土偶

「一生のかけがえのない仲間」

シバテン未来プロジェクトとは?

ものすごく簡単にいうと

「シバテンおもしろいし応援する!」

という集まりなのですが、

この場所に最も価値が生まれるのは、『集まる人同士の繋がり』です。

同じ人を共に応援している仲間の方が、そうでない友達よりも、より心の距離が近く仲良くなっていきます。

ここでは、一生のかけがえのない仲間に出会える。

いま九州・関東・関西・北陸にメンバーがいますが、その実質的距離感は関係ありません。

現に僕たち全員、近くにいる知り合いよりも、シバテン未来プロジェクトメンバーとの時間の方が断然に多く、そして充実している。

それは、同じ目的があるから。

さらっと言ったけど、これかなり大事⭕️

いまSNSによって、誰もが主人公になり得る時代です。もっと言うなれば、多くの人が主人公になりたい今の世の中。

より注目を浴びるためにウソが生まれ、ウソがバレるのが怖くて、もっとすごいウソをつき続けなきゃならない。

人はバカじゃないので、いつかはそれに気づく。
そして、信用を失っていきます。

 

今は、人を応援する事によって生まれる自己実現の方が、圧倒的に心が満たされ幸せになれる時代になって来ていると思っています。

僕もそうで、集まってくれる仲間たちが幸せになって行くことが、最高のご褒美であり、幸せなのです。

SHIBATEN

これからの古民家「Love❤️Village」

今日は、古民家「Love❤️Village」のお話。

古民家再生を始めてから、2ヶ月が経ちました。

その時に、どういう方向で古民家を維持管理していくのか?

というのが最初の課題で、まずは「レンタルスペース」でやってみよう!ということになりました。

それが良い流れを生むなら、磨いて続けていけばいいし、「違うな?」と思ったら、すぐに方向転換をすればいい

失敗が許されない環境は「挑戦」を妨げる

大切なことは、いつまでもじっと考えてないで「とりあえず行動」すること。

そうやって世界を歩いてきたSHIBATENです。

 

この先、どういう方向で行くのかを仲間たちと話し合い、この場所をこれまでの ”誰でも来られるオープンな場所” ではなく、コツコツと作り上げる、いわば「クローズドな場所」にすることにしました。

主な目的は、「アトリエ・工房・ハーブ園」です。

ここから新たにスタートします!

💡💡💡💡💡💡

一年前から、シバテン未来プロジェクトにて、すべてのエンターテイメントの過程を共有しています。

興味のある方は、のぞいてみてね。

こちら!