「イベント演奏とお金について」

こんばんは。

今日は、【シバテンの敦賀ウクレレ教室メンバーへの手紙】を書きました。

少しだけ、

イベント演奏について、シバテンからのアドバイスです。

これからもどんどん広がり、たくさんのイベント出演のお話をいただくようになるかと思います。

特にお教室のみなさんと、「シバテン音楽室」オンラインサロンメンバーで作詞作曲した『へしこんブルーのうた』は名曲ですので、素敵なことが待っていること間違いなしです❤️

敦賀といえば、この歌!

きっと、そんな未来が来ます。

 

この先ね、

演奏活動で一番問題となっていくことを、ここで明確にして解決しておきたいと思います。

 

一番の問題は「ギャラ」、つまりお金です。

 

シバテンの「アーティストとお金について」というブログをご参照ください。→こちら

ここをクリアにしておかないと必ずメンバー同士もバラバラになってしまいますし、先方さんとのトラブルにもなります。

 

ボランティアは自分たちの活動を知っていただけるし、人のお役に立てるので、とっても素晴らしいことだと思います。

しかしながら、

たとえば、同じイベントや場所に毎月来て欲しいという要望や、今年も出て欲しいという要望には、しっかりと謝礼をいただいた方が、長い目で見て必ずうまくいきます。

 

ウクレレメンバーの中には、日中お仕事をされている方もたくさんおられます。

イベント演奏のときは、そのお仕事を休んだり、ずらしたりと、調整して出演するということになります。

このあたりを優しく考慮していただければ、きっと気持ちの良い演奏ができると思います。

 

何か動くときに、「三方良し」にするにはどうしたらいいんだろうか?

ということを考えてみてください。

 

タダだったら来てほしいという企画、みなさんならどう感じますか?

 

むやみに、

「ボランティア演奏でいいので演奏させてください!」というのは個人的にはいいかもしれませんが、みなさんを巻き込む演奏であるならば、しっかり考慮して、演奏依頼を受けたときには『必ずリーダーに相談してください』

 

演奏を聴いてくれる人にも、呼んでくれた人にも、そしてメンバーのみなさんにも、優しくて笑顔になる素敵なことを話し合ってみてください😊

みなさんは、もう十分に謝礼をいただけるレベルになっていますので、自信をもって相手に伝えてください。

技術の対価がお金ではありません。

みなさんが生み出した、「笑顔と幸せと感動」の対価を謝礼としていただき、また次に繋げてください。

 

大丈夫だよ、

自信を持って😊

応援しています。

SHIBATEN

【世界へ挑むだけの力と精神力】

シバテンは、これからも可能性の高みへ挑戦し続けたいし、世界へ挑むだけの力と精神力を身に付けておきたい。

何より、

それを無くしたら「SHIBATEN」ではなくなる。

僕の舞台は、いつもこの地球だから🌏

 

もう日本に拠点を移したので、昔のように年に一回しか日本に帰って来ないというようなことはありませんが、

それでも海外へ短期的に行くこともあるし、時には3ヶ月前後行く時もあります。

お教室をやっているものとしては非常識かもしれないけれど、“そもそも、変わった人がやっているお教室”で、それを理解してくれている人たちや、それを“オモシロイ”と感じてもらえる生徒さんたちが集まってくれている教室なので、僕は心から感謝しています。

僕自身が新しいことを吸収して、どんどん成長し魅力度を上げていかないと、誰がついてきてくれるんだ?とも思っている。

 

「先生」という椅子に、僕は偉そうに居座るつもりはない

 

経験して吸収して成長して、、それによって生徒さんたちにも楽しい刺激になり、活力になり、喜びになるよう、努めたいと思っています。

音楽レッスンに関しては、

毎回、シバテンが持っている知識や技術、考え方など、その段階に応じて全力で惜しみなく伝授致しております。

 

「この世の中で、何も変わらぬ”永遠”というものは存在せず、全く同じことは二度と起こらない。」

 

ぜひ、吸収できるものは、できる時に出来るだけ吸収して欲しいと思っています。

 

そして、出会いも同じ。

たった一つの出会いが、人生を大きく変えることがある。

それは、

“行動した者のみが手にできる、人生の輝きである”

と思うのです。

感謝合掌

SHIBATEN

「覚悟と圧倒的努力を持って、鮮やかなる極端であれ!」

才能の生み出し方なんて簡単さ。

それは、『極端な環境に身を投じる』こと。


昨日は、コミュニティスペースFRaT にて、シバテンの世界観を余すところなくぶちまけたフルスタイルでのライブでした。

こちら!

このライブを期に、世界中で演奏してきたディジュリドゥやパーカッションを用いたシバテンオリジナル奏法『フルスタイル』を、一旦 卒業と致しました。

 

二胡を始めた時のように、さらなる挑戦として次のステップへと進みたいと思います。

シバテンは、常に止まりません。

いつまでも、同じでいて欲しい」と思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、万物は常に変化・成長し続けなければ退化すると思っています。

 

退化すれば、『魅力』がなくなってしまいます。

 

初めて二胡という楽器を知って、「この楽器で自分の心を表現してみたい!」と思ったのは、6年ほど前でした。

 

上手い下手はいいとして、いまでは自分の心と二胡が繋がり、癒しの音色となって人々の心に届けられているという実感があります。

 

※二胡3年目の演奏

二胡を弾けるようになったのは、決して才能があったからではありません

 

僕は単純に、自分の持てる全ての「情熱、覚悟、圧倒的努力」というエネルギーを、短期間にぶち込みまくっていました。

(短期間というのが、僕は大事だと思っています。人の集中力は、そう長く続くものではないからです。)

 

※当時の二胡修行部屋の写真⬇️

 

簡単な話し、

「シバテンは才能があっていいな〜」と言ってる人が、何も才能を磨く努力をしていない間に、僕は「圧倒的努力を積み重ねていた」というだけの話です。

 

そんなシバテンが、

次は、

『ウクレレ』

で未来への勝負をかけます!

このシバテンの「情熱、覚悟、圧倒的努力」を、ウクレレに思いっきり投入して、どこまでシバテンの世界観を表現できるのかを挑戦してみたいと思います!

ウクレレである理由は、大まかにみっつ。

①ウクレレを愛している。

②この小さな4本の弦で、どんな世界観が生み出せるのか、単純に自分自身がワクワクする。

 

そして、僕にとって最も大切な、

 

③『コミュニティを守るため』

いままで、僕がウクレレでスゴく成らなくても、コミュニティのみんなが前に出て輝いてくれれば、それが最高の幸せでした。

数十人なら、いまの僕一人で十分守っていけます。

しかしながら、コミュニティがどんどん大きくなるにつれて、より強くみんなを守りたかったら、『シバテン自身がウクレレ奏者としても、より大きく成長していく必要がある!』と強く感じています。

 

なので、

 

とりあえず、

ウクレレを、

めちゃんこ上手くなっておきます。

 

そして、シバテンの世界観を、この地球上にブチまけます!

 

くれぐれも言っておきたいのが、これはテクニックを上げてそれを自慢するものじゃあないです。

僕は、それに興味がないし、ダサすぎると思っています。

要は、なんども言っている、『世界観』です。

どれだけ、自分の世界観をウクレレという楽器で表現できるか

そこにしか、興味がない。

その世界観を出すために、磨いておきたいテクニックはたくさんあるので、少なくとも「自分が思い描く世界をウクレレで表現できるように」はしておきたいと思います。

 

ウクレレで勝負する!っと言えば、ほとんどの人が眉をひそめて

 

「えっ、ウクレレですか??」と言うでしょう。

 

まわりの99%が否定的ということは、

この道は大チャンスやな!

おもろい!

っと、鳥肌が立ってしまう変態です。

 

僕は、みんながイイと思うものは、今は良いかもしれないけど未来へのワクワクが湧かない。

 

早朝のビーチで、まだ誰も踏んでいない綺麗な砂の上を歩くのって、最高に気持ちがいい。

 

僕にとって、挑戦や冒険とは、そういう感覚です。

 

たかがウクレレを、

なんとウクレレ!

のレベルにまで世界観をもって行ってみましょうよ。

 

世の中やってみないと分からないことだらけ。

やってみてダメなら、またその時に軌道修正すればいい。

 

大切なことは、全力で未来を切り開くことさ。

 

ということで、やるとなったらすぐ行動!

先日、東京で、「運命を共にするウクレレ」を買ってきました。笑

 

その価格、30万円!

 

実はね、

「来たるべき日」のために、日々コツコツ貯めていた500円貯金箱があったんです。(満タンで30万円分)

なんと!ちょうど、このタイミングでいっぱいになったのであります!

 

もちろん、全額ウクレレに投資しました。

 

買ったウクレレや、2018年版調査研究したウクレレ市場の様子、投資の理由などについては、次回のブログでご紹介したいと思います。

 

じゃ、今日もハッピー!

ありがとう〜!

チャオ⭐️


毎日シバテンが生放送で、人生観や旅のトーク、そしてウクレレで歌!などを配信している、「シバテン音楽室」。

一度、覗いてみてね!⬇️

オンラインサロン