「今を生き抜く命」

子供の頃から、よく「死」について考える。

あと3日後には、私も40歳。

無謀な人生を送ってきたので、きっと短命だろうと思っていたが、ここまで生きてきてしまった。

いつ死ぬかわからないから、全力で後悔のない人生を歩んできた。

 

”寿命に対する恐れというものは、人間の心を醜くする。”

 

「人は必ず死ぬ。」

 

いまは時代の流れが変わった。

寿命や病気で死ねるということが、どれだけ幸せか

今は、法や医療により、「死ねない、死なせてもらえない」時代だ。

 

死に方を選びたいのであれば、今現在をどう生きるかだ。

 

今を懸命に歩く生き様の先にしか、美しい死に様は存在しない。

死を考えなければ、今を生き抜く「命」は輝かないのだ。