「感性の大海原」

シバテンが普通の絵を書いたら、どうなる?

さっそく、実験してみた。

はい、普通です。

さわやか過ぎるw

 

もっとヘタでいいから、シバテンらしいググッと来るものを描きたい。

よし、夜だ!

 

ググッと来るもの、

それは、自分がその絵の世界に入り込めるかどうか。
そこに、自分が存在しているという錯覚に落ち入れるかどうか。

 

まあ、こんな絵もたまにはいいけれど、

 

やはり私は、もっと魂の奥底にあるエネルギーの世界観をぶちまけたい。

 

技術勝負はピラミッドであり、頂点が存在するので、必ず覇権争いが起こる。

 

しかし、

感性勝負は大海原のようなものだ。

 

それぞれが好きなところで好きなように泳げばよい。

そこには、尊重というものが存在する。

感性の評価なんて、好みか好みじゃないかくらいしかないのだから。

ただただ自由だ!