「明日へと繋いでいくために」

キャンバスがどんどん無くなっていくので、小さなキャンバスを繋ぎ合わせて大きなキャンバスにしてみた。

まだまだ絵の具もキャンバスも足らない。

溢れる情熱が止まらない!