「人間であり、人間にあらず」

作品を作り続けているときは、

「そうじゃない!こうだー!そんなもん捨てろ!」

と魂に叫びかけ、地獄から天に這い上がる自分がいる。

じゃあ、自分が立派なことばかり言っている時って、どんな時だ!?

っと考えた時、

 

「今この瞬間作品を生み出していなくて、過去の作品で語っている時だ!」

 

世界観について語ったり、世の中について語り合うのも、モノを生み出すことにおいて、とても重要だ。

だけど、それだけになったら「終わり」

 

だから、立派なことを自分が長々といつまでも語り出したら、

「たらたら言うてへんと、さっさと作品を生み出せ!」

と自戒しなければならない。

人間であり、人間にあらず。

言葉を超えるものを生み出すんだ。