「プライド、羞恥心、承認欲求」

以前、うまく演奏しよう、うまく描こうというのは、「人間の純粋なる邪心」だ! という話をした。こちら!

私は、描き終わった後、「これは、うまい!かっこいい!」と思った作品は、

一度無に帰す。

 

そして、頭の中で想像通りのものができた時も、

これで残しておきたい想いと戦いながら、勇気をもってその絵を打ち消すようにしている。

手で絵の具をぐちゃぐちゃとかき混ぜる。

 

そこで初めて、

自分の想像もしていなかった境地のアートが始まる。

 

『不完全の美』~Imperfect Beauty

2019.8.12

 

自分の想像の範囲内の作品を作り出したって、なんの面白みもない。

そんなワクワクもしないものを生み出して、愛し続けられるはずがない。愛され続けるはずがない。

 

プライド、羞恥心、承認欲求、

そういうものを、ひとつひとつ削ぎ落としていった奥底に、「真のピュアな魂の表現」があるのではないだろうか。

私は、そんな冒険の旅路に、ゾクゾクしている。

 

-つづく-