人生観『生きる意味』⑴

『生きる意味』について、第一回。

若い時はとくに、自分がここにいる意味、つまり「生きる意味」について考えたりすることがある。

考えても考えても答えが見えず、悩み苦しんだ経験がある人は多いのではないだろうか。

シバテンも2002年、オーストラリアにいた頃、シドニーからエアーズロックへ向かう自転車の旅で、「生きる意味」について考えた。

どこまでも続く地平線、

想像を絶するような砂漠での孤独の中、そこで自分は何を感じ、何が見えてくるのだろうか?

その疑問を解くために、毎日ひたすらペダルを漕ぎ続け、そして考えた。

昼間は猛烈に暑い砂漠だが、朝晩は心底冷える。

毎晩寝袋にくるまりながら、焚き火をたきつづけ、満天の星空を見ながら眠った。

雨の降らない砂漠で、星空も見えない、風も感じられないテントで寝るなんて、「アホかおれはっ!」と思い、そのテントは砂漠の旅に出て、すぐに人にあげた。

壮大な砂漠の朝焼けをみていると、そのあまりもの美しさに「今日も進むぞ!」という大きなエネルギーをもらえた。

どんなにすごい冒険家でも、必ず思うことがあるという。

・なぜ、自分はこんなところにいるのだろうか?
・何をやっているのだろうか?
・何のために?

しかし冒険家でなくとも、人は、日々このような疑問を抱いて生きいる。

第二回へ つづく

“人生観『生きる意味』⑴” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です